小児歯科・こどもの治療|川崎市宮前区鷺沼(さぎぬま)の歯医者なら加賀美歯科

小児歯科・こどもの治療CHILD

小児歯科

テキスト

乳歯は生え変わるからといって、むし歯を放置したりケアを怠ってしまうのはとても危険です。
乳歯のむし歯は、その後生えてくる永久歯にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。
むし歯が進行して痛みを感じるころには、治療にも痛みを伴うことになり、お子様も歯医者に通うことを怖がってしまいます。
そうならないためにも、定期的な検診や予防処置でむし歯を防ぎ、お子様の歯の健康を守ってあげましょう。

予防メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布

フッ素を塗ることで、歯質を強化します。むし歯予防のほかに再石灰化の促進効果もあるため、初期のむし歯なら健康な状態に戻すこともできます。

シーラント
シーラント

歯ブラシが届きにくい奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めます。食べ物が詰まりにくくなり、清掃しやすくなることでむし歯予防効果が期待できます。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

小さなうちから正しいブラッシングを学ぶことで、生涯的にむし歯や歯周病になるリスクを下げます。お子様だけでなく、保護者の方には仕上げ磨きの方法をご指導いたします。

お子様に安心して通っていただくために

当院では、急な治療が必要な場合以外はいきなり無理に治療をしたりせず、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらい、お子様に安心してもらうところから始めます。
唾液をバキュームで吸ったり、お口を大きく開けてもらう練習をして治療器具に慣れてもらうことで不安をとりのぞき、「怖くないんだ」という安心感を持っていただけるように努めています。

生え変わりの過程

歯が生え変わる仕組み

  • 01顎の中で永久歯が形作られていきますarrow
  • 02成長した永久歯が乳歯の根を溶かしますarrow
  • 03乳歯がグラつき、やがて抜け落ちますarrow
  • 04永久歯が顔を出します※1

歯の生え変わりが始まるのは6歳ごろです。
はじめに六歳臼歯(乳歯の一番後ろに生える永久歯※2)または、下の前歯が生え変わります。
その他の歯は前歯から順に抜けては生えてを繰り返していきます。
一般的には、中学生頃にはすべての乳歯が永久歯に生え変わるとされています。

※1乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくる可能性、先天性欠如歯で乳歯が抜けない可能性もあります。
※2まれに大人になっても乳歯が残っている方もいらっしゃいます。

生え変わり前後の注意点

生え変わったばかりの永久歯は乳歯同様やわらかく、酸に溶けやすいため、むし歯になりやすい状態にあります。
より入念なケアを意識しましょう。
また、乳歯は生え変わるからと甘く見て、ケアを怠ったりむし歯を放置したりすることは危険です。
乳歯はむし歯の進行が早く、下から生えてくる永久歯の歯質に悪影響を及ぼす可能性があります。
むし歯の治療はもちろん、幼い頃から歯医者に慣れさせるためにも、定期的にご来院いただくことをおすすめいたします。

当院では広い診療スペースを確保しております。
付き添いの保護者さまもお子様とご一緒に診療室にお入りいただけます。当院では広い診療スペースを確保しております。

付き添いの保護者さまもお子様とご一緒に診療室にお入りいただけます。

当歯科医院がある東急田園都市線「鷺沼駅」は、川崎市宮前区に位置し、神奈川県でありながらも渋谷から急行で20分弱とアクセスが良いため、ベットタウンとして人気の街です。
「鷺沼駅」周辺には、商業施設「フレル鷺沼」があり人通りが多くにぎやかで、周辺には商店街もあるため、買い物に困ることはありません。北口側には、鷺沼プールの跡地を利用して作られた「カッパーク鷺沼」と呼ばれる公園があり、6面ものフットサルコートを備えているため、休日には公園中がたくさんの人で賑わいます。自然も豊かで桜や並木の名所が多いため、お花見や紅葉の時期になると、近隣の多摩区、高津区、青葉区、都筑区からも見物に人が訪れます。桜は宮前区の「区の花」として定められ、平瀬川流域では桜を基にしたまちづくりも行われています。「加賀美歯科」は川崎市宮前区の「鷺沼駅」から徒歩すぐとアクセスしやすく、土曜日も診療を行っておりますので、平日に通院することの出来ない方でも安心して通っていただけます。 高い技術と安心・信頼ある医院づくりに努め、地域の[マイドクター]を目指してまいります。

Copyright©2017 KAGAMI-SHIKA All Right Reserved.