インプラント|川崎市宮前区鷺沼(さぎぬま)の歯医者なら加賀美歯科 | 診療内容

インプラントIMPLANT

インプラント

テキスト

当院ではインプラント治療の経験豊富な院長が、責任を持って治療を行います。カウンセリングをしっかりと行った上で治療を進めてまいりますのでご安心ください。
また、インプラントは治療後のメインテナンスがとても大切です。アフターケアもしっかりと行ってまいります。
些細なことでも結構ですので、気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは、あごの骨にしっかり固定されているので、天然の歯のように噛むことができ、歯があった頃と同じように自然に食事を楽しめます。
また、両隣の歯を削ったり、金具によって負担をかけたりすることを避けられるため、 残された歯にとって優しい治療法です。万が一、インプラントを失うことになっても、再度インプラントを植えることも可能です。

抜歯が必要な症状

重度のむし歯の場合
重度のむし歯の場合

虫歯がひどくなり、差し歯を支えるだけの根が残っていない時。

歯根の病気がひどい場合
歯根の病気がひどい場合

根の先にひどく膿がたまって、根の治療では治らなくなってしまった時。そのままにしておくと骨がどんどん溶けていきます。

歯根が折れた場合
歯根が折れた場合

歯の根が何らかの原因によって折れてしまい、差し歯が支えられなくなった時。

重度の歯周病の場合
重度の歯周病の場合

歯周病がひどく骨が溶けてしまって歯が支えられなくなった時。そのままにしておくと骨がどんどん溶けていきます。

抜歯後放置すると

歯を失ってそのままにしていると、様々な影響が出てきます。何本か歯を失っても時間がたてば慣れてしまい、さほど不自由を感じなくなるかもしれませんが、実はそのまま放置することにより、残った歯は移動して隙間ができ虫歯や歯周病ができやすい口内環境になります。
さらに、咬み合わせのバランスも崩れていき、多くの歯を失う原因となるだけでなく健康に多大な悪影響を与えてしまいます。肩凝りや偏頭痛、姿勢の歪みの原因にもなります。

隣の歯への影響
隣の歯への影響

まず、歯が抜けたまま放置すると、隣の歯が倒れてきます。

反対の歯への影響
反対の歯への影響

さらに、反対の歯が伸びてきます。
歯は咬む相手の歯、隣の歯があることによって一定の位置に保たれますが、それが無くなると移動します。つまり歯が抜けた場所が上なら下の歯が、下なら上の歯が、抜けた場所に伸び出てきます。

歯茎や咬み合わせへの影響
歯茎や咬み合わせへの影響

歯の抜けた部分の骨がやせてきます。
歯が無いことや移動することにより咬み合わせのバランスは崩れ、残っている歯に過度の負担がかかり、他の歯の寿命を縮めることになります。
また、歯の移動は治療をするときに非常に問題で、治療を難しくするだけでなく、治療後の歯の寿命にも影響します。また、とび出た咬む相手の歯を削ったり、移動した歯は神経をとったりしないと治療できないことがあります。歯が抜けたところには、必ず治療を行って、左右のどちらでもバランス良く咬めるようにすることが大切です。

失った歯を補う治療法の特徴を比較すると

部分義歯/入れ歯
部分義歯/入れ歯

部分義歯では、残りの歯に金属の留め金をかけて取り付けます。
残りの歯を削らずに機能回復できますが、定期的に清掃が必要です。
留め金をかける歯(鉤歯(こうし))に負担がかかりぐらぐらしてきたり、鉤歯が虫歯になることもあります。義歯の材料はレジンというプラスチックの素材が中心ですが、強度をもたせるために厚くせざるをえず、食べ物の味覚や温度感覚が伝わらなかったり違和感を感じる事も少なくありません。

ブリッジ
ブリッジ

欠損部の両側の歯を支台にして(支台歯といいます)、連続した歯を装着する方法で、歯のない部分は人工歯によって補います。ブリッジは固定されるので、装着感は自然ですが、支台歯を大きく削るリスクがあります。
ブリッジの寿命は、設計やブリッジを支える歯の強さによって異なりますが、6~8年と言われています。しかし場合によっては、1~2年で再治療が必要になるブリッジもありますので、注意が必要です。

インプラント
インプラント

歯の根に代わる人工的な歯根を骨の中に埋め込み、それを人工の歯の支えとしようと考えたのがインプラントです。
実際は骨に穴をあけて、そこにチタン等の人工歯根を埋め込み、それが骨と強固に結合した後に人工の歯を装着する治療方法です。
見た目も優れていて天然歯と同じように噛め、ほかの歯への悪影響もありません。ただし、外科処置が必要となり、一定の治療期間がかかります。

ストローマン社製インプラントを採用

国際的学術研究団体、ITI(International Team for Implantology)と、骨整形外科分野で実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同で開発したインプラントです。このインプラントは、品質管理の世界共通ルールであるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ており、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが取り扱いできる信頼性の高いインプラントです。また、日本国内で最大のシェアを誇り、海外でもとてもシェアが広いので、引越しなどがあっても転院しやすい環境にあります。

ストローマンのインプラントシステムは、骨とのなじみがとても良好であるといわれ、埋め込まれてから平均6~10週間で顎の骨にしっかりと結合するので、他のインプラントに比べて治療期間が短くて済みます。さらに、治療期間を更に縮めるために、SLAactive表面のインプラントを導入しています。SLActive表面のインプラントを用いることで、骨結合までの治癒期間を大幅に縮めることが可能になりました。詳しくはメーカーのデータをご覧ください。

※ストローマンのサイトが開きます。

インプラント治療の流れ

STEP1

診査・治療計画

インプラント治療は、歯の無い部分に行う治療であるため、その部分の歯茎や骨の状態を詳しく調べる必要があります。歯茎や骨に異常はないかや、咬み合わせの状態などを診査します。

STEP2

インプラントの診断

診査の結果に基づいて、治療のプランについてのカウンセリングをしっかりと行います。現在の状態や治療方法について、くわしくお話したうえで、患者様にご納得いただいてから治療に進みます。術前検査として、CT撮影を行います。(提携医療機関に依頼します)

STEP3

インプラント術前治療

インプラント治療が確実なものとなるよう、術前に第一ステージの治療を行います。歯周病の治療がメインとなりますが、その他にも不良なつめ物やかぶせ物の除去や、咬み合わせの治療を行っていきます。

STEP4

1次オペ

インプラントを埋め込む手術をします。術前の検査を基に安全で痛みのない埋入手術を行います。

STEP5

2次オペ

一定の治癒期間後に歯茎の形を整える処置を行います。

STEP6

印象採得

歯を作るための型取りをします。

STEP7

咬合採得

咬み合わせの記録をします。

STEP8

インプラント上部構造のセット

インプラントの冠は、全体的なバランスを見るため、場合によっては仮の歯をセットすることがあります。咬み合わせの状態をチェックし、お口の中でのバランスが整った時点で、最終的な歯をセットします。

STEP9

お口のメインテナンス

インプラント手術を成功させることがゴールではありません。歯周病にかかってしまうと、インプラントが抜けてしまう原因にもなります。
治療結果を長く持たせるためにも、メインテナンスを定期的に行い、口腔内の健康を守りましょう。

当歯科医院がある東急田園都市線「鷺沼駅」は、川崎市宮前区に位置し、神奈川県でありながらも渋谷から急行で20分弱とアクセスが良いため、ベットタウンとして人気の街です。
「鷺沼駅」周辺には、商業施設「フレル鷺沼」があり人通りが多くにぎやかで、周辺には商店街もあるため、買い物に困ることはありません。北口側には、鷺沼プールの跡地を利用して作られた「カッパーク鷺沼」と呼ばれる公園があり、6面ものフットサルコートを備えているため、休日には公園中がたくさんの人で賑わいます。自然も豊かで桜や並木の名所が多いため、お花見や紅葉の時期になると、近隣の多摩区、高津区、青葉区、都筑区からも見物に人が訪れます。桜は宮前区の「区の花」として定められ、平瀬川流域では桜を基にしたまちづくりも行われています。「加賀美歯科」は川崎市宮前区の「鷺沼駅」から徒歩すぐとアクセスしやすく、土曜日も診療を行っておりますので、平日に通院することの出来ない方でも安心して通っていただけます。 高い技術と安心・信頼ある医院づくりに努め、地域の[マイドクター]を目指してまいります。

Copyright©2017 KAGAMI-SHIKA All Right Reserved.